低価格ゴールドカードが登場

クレジットカード会社はキャッシングによる収益が今までのように見込めないこと、
そして無料カードの氾濫により稼働率の低いカードを廃止する方向に動いており、
原点回帰ともいえる自社カードの普及による年会費で利益を上げる動きが出ています。

その一環として、低価格のゴールドカードです。
従来であれば年会費は最低でも1万円以上したゴールドカードですが、
2008年に2000円という破格の値段でゴールドカードが登場したのです。
無料のカードはいくら発行しても収入にはなりませんから、
使えるカードとするために低価格のゴールドカードを考え出したのです。
無料カードの量よりもゴールドカードの質を意識したカード会社の戦略と考えられるでしょう。
 
 
ゴールドカードによる各社の競争
クレジットカード各社はゴールドカードを低価格化することによって
新規利用者の獲得を目指してしのぎを削っていますが、
利用者の拡大は容易ではないようです。
先陣を切ったニコスですが、2000円のゴールドカードであるMUFGカードは
利用者数が伸び悩んでいるのが現実です。

その原因はゴールドカードの必要性にあるといってもよいでしょう。
つまりゴールドカードになることによって空港のVIPルームが使えるようになったり
高額な海外渡航保険などが付くなどの付加価値を得ることが出来ますが、
それらを年会費が安くなったからという理由で利用しようとする人が
少ないことが原因だと思われます。
それは必要性を感じていないからなのでしょう。
ですから、今まで無くても何とかなっていた付加価値だけで
利用者を獲得できるかどうかは未知数となっているのです。