独自色が出し切れないクレジットカード

クレジットカード会社が一昔に取っていた手法は、
兎に角提携先を増やしてカードを発行させるというものです。
しかし法改正によって加盟店の管理強化が必要となったことから
採算の悪い稼働率が低い加盟店との提携を解消する動きが活発化してきました。


そして使われないカードを切り捨てて、自社発行のカードを使われるカードと
なるような工夫が必要なのです。
しかし、キャンペーンや初年度年会費無料だけでは他社も同じようなことを
しますので独自色が出せていないというのが業界の流れとなっています。


通常、最初に作ったカードを使い続ける人が多いと考えられますので
よほどのキラーコンテンツでもない限りは中々カードの切り替えを
行おうとは思わないのが現状と言えるでしょう。


クレジットカードの仕組み
クレジットカードの仕組みはどのようになっているのでしょうか。
まず、大きな特徴としてクレジットカードは返済不能というリスクを勘案して、
担保を取るということはしません。
利用者に貸された信用力(与信)によってのみ成り立っているといえます。
そのため所有権はクレジットカード会社にあります。


カードを入手するためには所定の手続きと審査を通過することで
手元に届きますので、あとはクレジットカード会社と契約している
お店やレストランなどでショッピングしたりキャッシングします。


あとは加盟店が利用されたクレジットカード料金分を発行会社に
伝票として送付します。
クレジット手数料を差し引いた額を加盟店に立替え
あとは利用者の所定口座から引き落とし処理がされる仕組みとなっています。
逆にハウスカードと呼ばれる二者間取引は減少傾向にあります。